背中のブツブツを治すには重曹風呂がおすすめです。

背中にニキビのようなブツブツができてしまうことがよくあります。

背中は皮脂の分泌が多く洗いにくい場所なので同じような悩みを持つ方は多いと思います。

では、どうすれば背中のブツブツが治るでしょうか?

まずは、背中の皮脂がブツブツの原因なので、せっけんでよく洗うことが大事です。

ただし手が届きにくい場所なので、なかなかうまく洗えないという人も多いはずです。

せっけんを流しきれずに肌に残ってしまうと、かえってブツブツの原因になりますから注意しましょう。

また、ボディタオルやボディブラシでゴシゴシと強くこすると肌が傷ついて、余計にかゆくなったりかえってブツブツの原因になってしまうこともあるので、気をつけましょう。

そこでオススメなのが、重曹風呂です。

お風呂にスプーン一杯程度の重曹を入れて入浴します。

お風呂のお湯が口に入ることもあるので、重曹は食品用のものを選びましょう。

重曹は皮脂を溶かす作用があるので、ゴシゴシこすらなくてもお風呂につかるだけで毛穴の中の皮脂をさっぱりと落としてくれます。

また重曹には体臭予防の効果もあるので加齢臭や汗の匂いが気になる人にも適しています。

ただし、重曹風呂を毎日続けるとと皮脂が取れすぎてかえって肌荒れしてしまうことがあります。

重曹風呂にはいるなら、週1、2回程度を目安にするとよいでしょう。

背中の汚れの原因としては、皮脂だけでなく、シャンプーやリンスか背中にかかっている場合もあります。

背中にかからないように気をつけて洗うとブツブツが改善します。

また髪が背中に当たるとチクチクと刺激になってしまうこともあります。

ブツブツができてしまった時は、髪が背中に当たらないようアップにするなどして気をつけましょう。

(東京都 ノリコさん)