ちょっと習慣をかえることによって防げる背中のぶつぶつ

30代半ばまで背中のぶつぶつに苦しみました。

背中全体と言うより,私は背中の真ん中あたり,背骨付近がひどかったです。

寝てる間もかゆくて起きてしまい,寝ぼけまなこでポリポリかいていました。

シャツの背中に血がにじんでいることもしょっちゅう。

身体が暖かくなってくるとかゆみが増したようです。

生理前にかゆみをひどく感じたので,ホルモンバランスの乱れもあったのだと思います。

素肌に直接つける衣類は綿100%に限りますね。

どんなに優れた人工繊維よりも,やはり天然のものが勝ります。

寒くなってきたら,その上にヒートテックなどを重ねるといいですね。

お風呂用石鹸も,できれば無添加・天然の優しいものがベストです。

肌に与える刺激が全く違うことが実感できます。

背中がかゆいからといってゴシゴシ洗わず,優しくなでる程度にしておきます。

髪の毛が長い人は,洗髪後下に下ろしたままではいけません。

私はこのことが,背中のぶつぶつに拍車をかけたのではないかと考えています。

シャンプーよりむしろ,リンスやトリートメントに含まれる油分が,背中に刺激を与えます。

洗髪後は髪を上で止めておきましょう。

そして,お風呂上りにオロナインを塗っていました。

というか,手が届かない範囲は塗ってもらいました。

急には改善しませんが,習慣づけていると背中がだんだん気にならなくなりました。

年と共にホルモンが減少するためか,今では背中のぶつぶつは全くありません。

(奈良県 Nさん)