背中のブツブツは塗り薬と飲み薬で治しました。

注目

高校時代、修学旅行で温泉に入っていたときのことです。

脱衣所で「お前背中汚いな!」と友人に言われました。

鏡で少し確認してみると、確かにニキビやニキビ跡でボツボツでした。

私はとても気分が悪くなり、修学旅行から帰ってきてからすぐに背中のニキビをどうにかしようと思いました。

以前、顔のニキビがひどくて皮膚科にいき、治った経歴がありましたので、その皮膚科へ行きました。

お医者さんは「顔は治りやすいけど背中は少し時間がかかるよ。」とおっしゃっていました。

塗り薬と飲み薬を処方されました。

ハイオチールという塗り薬と、

ミノサイクロンという飲み薬です。

顔のニキビを治したときに聞いたのですが、飲み薬はアクネ菌を殺菌する作用があるそうです。

体育の授業の前後に着替えがあるので、そのとき周囲の目が気になりました。

早く治ればいいな、と思いながら毎日薬を使用しました。

背中を触るのが癖になっていました。

肩のすぐ下あたりからボツボツなのが触って確認できるのです。

1週間経ってもなかなか効果がありません。

2週間、3週間も同じく効果がみられませんでした。

1か月目に入り、薬が切れたので皮膚科へ行きました。

なかなか良くならない、という旨を伝えると「個人差はあるけれども大体1か月からは効果は出ると思います。」とのこと。

同じ薬を処方されました。

その1週間後あたりから、少しずつ変化が現れました。

ボツボツが少し平になってきたのです。

それを期に、少しずつ背中ニキビは治っていきました。

本当に少しずつなのが少々歯がゆいところですが、継続は力なりです。

3か月目からは肌がつるつるの状態になりました。

完治したのです。

それから薬を使用することもなく、つるつるの肌は現在(10年後)まで健在です。

背中ニキビは皮膚科が一番です。

(千葉県 富岡さん)

>>ハイチオールの購入はこちら

>>ミノサイロクンの購入はこちら