背中のブツブツの治し方のおすすめはニキビ用の薬用石鹸です。

背中のブツブツは背中ニキビと呼ばれているものです。

ニキビは顔だけにできるものだと思っている人が多いようですが、じつは背中という場所もとてもニキビができやすい場所なのです。

背中ニキビは一見するとあせもにも似ている見えるのですが、決定的な違いは背中ニキビは痒みがないのです。

この背中ニキビは背中にたくさんある汗腺の毛穴が皮脂成分や汚れや汗などによって塞がれてしまい詰まることが原因で起こる症状だと言われています。

そもそも背中は就寝時にも仰向けになって寝る場合が多いので長時間寝具に背中が密着してとても蒸れやすく、さらに汗もかきやすいので常に毛穴詰まりの原因が渦巻いていることになります。

この背中のニキビのブツブツは、ニキビ用の薬用石鹸を使って毎日体を洗うとかなり症状改善やニキビ予防に効果があります。

ニキビ用の薬用石鹸には背中の毛穴に生息するニキビの元になるアクネ菌を殺菌する効能があるので毎日の入浴時に、普通のボディ石鹸の替わりにニキビ専用薬用石鹸を使用することによって毛穴のアクネ菌をしっかり退治してニキビができにくいお肌にしてくれます。

薬用石鹸で背中を洗う際には、ボディブラシでゴシゴシ力を入れて洗わないようにしましょう。

ニキビをこするように洗ってしまうと炎症が悪化してしまう恐れがあるのです。

とにかくニキビには余計な刺激を与えないことがとても大切です。

できればご家族に背中をてで洗い流してもらうのが一番ですが、洗いにくいですが自分で手を後ろに回して石鹸で背中を洗う方法でも毛穴のアクネ菌を殺菌することは可能です。

背中のニキビは特に汗をかきやすい夏が悪化する傾向にあるので、シャワーの回数を増やしたりして常に清潔に保つようにしましょう。

あまりにも酷い背中ニキビの場合は、一度皮膚科に相談すると良いでしょう。

(神奈川県 かこさん)




背中のブツブツはニキビ?あせも?原因別の対処法

背中は自分ではなかなか見る事ができない場所だけに、背中のブツブツは気がつきにくいものです。

人の背中を見て汚いな〜なんて思った事はありませんか?

実は自分の背中も触ってみると…ブツブツがあってガッカリがっかりします。

背中ニキビの原因は、ニキビとあせもが多いようです。

判別方法としては、ブツブツが毛穴だけならニキビ。

お肌全体ならあせもと見分けることができるようです。

あせもであれば、痒くても決してかきむしらないこと!

背中を清潔にして、汗を洗い流せればベストですが、できない場合は汗をこまめに拭いたり、吸水性、通気性の良い服を着ることをこころがけましょう。

制汗スプレーで汗をコントロールすると予防が期待できます。

ニキビであれば、まずは保湿を最優先してください。

皮脂を取ろうとすると逆効果になるため、皮脂を取りすぎない洗浄料で優しく洗いボディローションや保湿剤で保湿ケアしましょう。

そしてなによりスキンケアのためには、良質の睡眠をしっかりとりましょう。

夜更かしは美肌の敵です!

睡眠不足になると新しいニキビができたり、今あるニキビが悪化することもあります。

中には、しつこい背中のブツブツの原因がカビ菌ということもあるよう。

マラセチア菌という菌が皮膚を刺激して炎症を起こすというもの。

そして、だいたいの原因は、シャンプーの洗い残しが背中に残っているためだとか言われています。

あと、体を洗う時のスポンジなどに石けんカスが残っていると菌が増殖して炎症を悪化されることもあります。

判別が難しい場合には、皮膚科を受診して膿を調べればすぐに分かるそうです。

ちなみにわたしも長年しつこい背中ニキビに悩んできましたが、最近頭皮のシャンプーを牛乳石鹸にして、リンスした後の体を洗うのも牛乳石鹸にしたところ嘘みたいに背中ニキビがなくなりました。

何をしてもお手上げ!という方は、洗浄料を見直してみるのもひとつの手かもしれませんよ。

(熊本県 波田つるこさん)




背中ニキビの対策は水分を1リットル飲むことと無添加の洗顔料

夏場などは特に悩む方も多い、背中ニキビ。

私もそのうちの1人でした。

特に私は女性だったので、背中が開いたお洋服や水着など、背中を気にしてばかりであまり着た試しがありません。

今ではすっかり背中が綺麗になったので、当時の後悔ばかり募ります。

背中のニキビの改善策は、ズバリ基礎的な習慣を改善し、維持し続けることです。

その中でも、まず私が気をつけたことが、「水分をたくさん摂ること」です。

水をたくさん摂取し、不要な老廃物を外へ逃がすことで、肌のターンオーバーを活性化させることができると思います。

特に私が気をつけていたことが、朝一番に常温の水を1リットル飲む、ということです。

これだけで、背中だけでなく、体全体の肌質が改善できます。

次に、「肌を清潔に保つ」ということが大切です。

といっても、日中は中々こまめに汗を拭いたり、着替えたりはできませんよね。

そこで私が気をつけていたことは、いかに家で清潔な背中を維持するか、ということでした。

当たり前のことかもしれませんが、毎日必ず清潔な下着、パジャマを身につけること。

睡眠時は汗をかくので、朝はシャワーを浴びるなどして、背中を清潔に保つこと。

そして、入浴時は必ず無添加の洗顔料で背中を洗うこと。

(フェイス用に使っている洗顔を兼用しても構いません。

しかしなるべく、無添加のものが良いかと思います)
背中を洗顔する際は、泡立てをしっかり行い、優しくクルクルと回すように洗ってください。

顔の洗顔と同じ要領ですね。

また入浴後、私は必ず「ベビーパウダー」を背中に付けるようにしていました。

薬局などで気軽に入手できる、赤ちゃん用粉タイプのパウダーです。

夏場などは背中に汗をかきやすいですが、お風呂上がりの清潔な状態でこのパウダーをしてあげると、背中がサラサラと清潔な状態を維持できるので、とってもオススメです。

以上の「水分をたくさん摂ること」、「肌を清潔に保つこと」が、私の背中ニキビ改善の方法です。

(神奈川県在住 キムラミサコさん)




背中のブツブツを治すには重曹風呂がおすすめです。

背中にニキビのようなブツブツができてしまうことがよくあります。

背中は皮脂の分泌が多く洗いにくい場所なので同じような悩みを持つ方は多いと思います。

では、どうすれば背中のブツブツが治るでしょうか?

まずは、背中の皮脂がブツブツの原因なので、せっけんでよく洗うことが大事です。

ただし手が届きにくい場所なので、なかなかうまく洗えないという人も多いはずです。

せっけんを流しきれずに肌に残ってしまうと、かえってブツブツの原因になりますから注意しましょう。

また、ボディタオルやボディブラシでゴシゴシと強くこすると肌が傷ついて、余計にかゆくなったりかえってブツブツの原因になってしまうこともあるので、気をつけましょう。

そこでオススメなのが、重曹風呂です。

お風呂にスプーン一杯程度の重曹を入れて入浴します。

お風呂のお湯が口に入ることもあるので、重曹は食品用のものを選びましょう。

重曹は皮脂を溶かす作用があるので、ゴシゴシこすらなくてもお風呂につかるだけで毛穴の中の皮脂をさっぱりと落としてくれます。

また重曹には体臭予防の効果もあるので加齢臭や汗の匂いが気になる人にも適しています。

ただし、重曹風呂を毎日続けるとと皮脂が取れすぎてかえって肌荒れしてしまうことがあります。

重曹風呂にはいるなら、週1、2回程度を目安にするとよいでしょう。

背中の汚れの原因としては、皮脂だけでなく、シャンプーやリンスか背中にかかっている場合もあります。

背中にかからないように気をつけて洗うとブツブツが改善します。

また髪が背中に当たるとチクチクと刺激になってしまうこともあります。

ブツブツができてしまった時は、髪が背中に当たらないようアップにするなどして気をつけましょう。

(東京都 ノリコさん)




背中ブツブツの原因と対策は運動、糖分の過剰摂取しないこと、アルコールをひかえること

多くの方が体の事について悩みを抱えているかと思います。

特に背中に現れるブツブツは痒くもなり、露出しやすくなる夏場においては見栄えも悪くなり深刻な問題です。

そんな背中のブツブツが現れてくる原因と対策について書いてみます。

まず運動不足による背中のブツブツの予防法です。

人はあせをかく事で蓄積されている老廃物や皮脂を排出していきます。

しかし汗をかく習慣がないと毛穴に皮脂や老廃物が詰まってしまいます。

それによって毛穴で細菌が繁殖してしまいブツブツとして現れてしまいます。

普段から運動をしっかり行い、定期的に汗をかく事で体内に老廃物や皮脂を蓄積させない事が予防策となってきます。

次に糖分や油脂分の過剰摂取による背中のブツブツの対処法です。

糖分や油脂分は体内に摂取されると分解されていくのですが、過剰摂取を行うと分解量にも限界が生じてしまい、そのまま蓄積されてしまいます。

蓄積された糖分や油脂分は脂質となり皮脂として皮膚表面に現れてしまいます。

糖分の過剰摂取は控え、さらに野菜や果物を摂取する事が重要となります。

野菜や果物には脂質の分解を補助するビタミンCが豊富に含まれているので、一緒に摂取する事で予防策となってきます。

またアルコール飲料の過剰摂取も原因となってきます。

適量のアルコールは血流を良好にさせる為、新陳代謝のアップや発汗を促進させる効果がありますが、過剰摂取はブツブツの原因に繋がります。

アルコール飲料の主成分は糖質にて形成されています。

アルコール飲料の過剰摂取は糖質の摂取となる為、ブツブツへと繋がってしまいます。

毎日摂取される方は適量にて飲まれる事が重要となります。

背中のブツブツは日常生活の改善で予防や対策を行う事が可能です。

(秋田県 さるきょうさん)




私の背中のニキビの予防方法はシャワーの後のクーラーとドライヤー

私は30歳妻と子供が一人います。

学生の時には顔にニキビがあり悩んでいたこともありましたが大人になってからは顔にニキビができることはほとんどありませんでした。

そんな私は趣味がマラソンです。

汗を書いてすぐに拭き取るというわけではないので体(特に背中)にニキビができやすくなってしまったのです。

ランニングの最後にはかならず10分のウォーキングと10分のストレッチを行います。

この時にランニングでかいた汗が乾いてしまい、ニキビができるのだと思います。

そしてシャワーを浴びてもほとんど背中をきっちり拭いていなかったので清潔な状況が保てていないまま服を着ていたために背中のニキビが増えてしまったのです。

そこで、私は徹底的に背中を洗うようにしました。

しっかりボディーソープを泡立てて体を洗うタオルで優しく丁寧に背中を洗いました。

そして肝心なのは拭き上げです。

ただたんにタオルで背中を拭いただけではすぐに汗をかいてしまい、その状態で服を着てはせっかくシャワーを浴びた意味がありません。

夏場なら必ずシャワーを浴びる前にリビングのクーラーをつけておき、部屋を涼しく乾燥した状態にしておきます。

そして、シャワーを浴びて体をタオルできっちり拭いてからドライヤーで背中も乾かします。

シャワーを浴びてからのスピード感が大事ですが一気にドライヤーまでいきます。

そしてクーラーの付いてる部屋に行きしっかり体を落ち着かせます。

シャワーを浴びてから一気に涼しい部屋に入るのは体に良くないかもしれませんが、背中に汗をかいてニキビを増やすことを防ぐには効果的です。

そして余裕があれば誰かに化粧水をたっぷり丁寧に背中に塗ってもらいましょう。

冬ならばリビングのクーラー作戦は必要ありませんね。

(大阪府ちゅーあさん)




背中のブツブツはニキビ?あせも?カビ?背中のニキビ対策法

自分ではなかなか見る事ができない場所だけに、背中のブツブツは気がつきにくいものです。

人の背中を見て汚いな〜なんて思った事はありませんか?

実は自分の背中も…なんて、ゾッとしますよね。

背中ニキビの原因は、ニキビとあせもが多いようです。

判別方法として、ブツブツが毛穴だけならニキビ。

お肌全体ならあせもと見分けることができるようです。

あせもであれば、痒くても決してかきむしらないこと!

清潔に洗い流せればベストですが、できない場合は汗をこまめに拭いたり、吸水性、通気性の良い服を着ることをこころがけましょう。

制汗スプレーでコントロールすると予防が期待できます。

ニキビであれば、まずは保湿を最優先して!

皮脂を取ろうとすると逆効果になるため、皮脂を取りすぎない洗浄料で優しく洗いボディローションや保湿剤で保湿ケアしましょう。

そしてなによりスキンケアのためには、良質の睡眠をしっかりとりましょう。

夜更かしは美肌の敵です!

睡眠不足になると新しいニキビができたり、今あるニキビが悪化することもあります。

中には、しつこい背中のブツブツの原因がカビ菌ということもあるようです。

マラセチア菌という菌が皮膚を刺激して炎症を起こすというもの。

そして、だいたいの原因は、シャンプーの洗い残しが背中に残っているためだとか。

あと、体を洗う時のスポンジなどに石けんカスが残っていると菌が増殖して炎症を悪化されることも。

判別が難しい場合には、皮膚科を受診して膿を調べればすぐに分かるそうです。

ちなみにわたしも長年しつこい背中ニキビに悩んできましたが、最近頭皮のシャンプーを牛乳石鹸にして、リンスした後の体を洗うのも牛乳石鹸にしたところ嘘みたいに背中ニキビがなくなりました。

何をしてもお手上げ!という方は、洗浄料を見直してみるのもひとつの手かもしれませんよ。

(熊本県 波田つるこさん)



背中のニキビケアは、泡立ちやすいスポンジと食生活の改善と綿の服と、お医者さんが処方する薬

背中ニキビ、自分では正面から鏡を見ただけではうつらない部分のためケアを怠りがちですが、夏場は特にTシャツなどうしろがあくデザインのものもたくさんあります。

なので、他人からはけっこう見えている部分なので要注意です。

さて、その背中ニキビ。

個人個人の肌質はおおいに関係していると思うのですが、どのようにケアしていけばよいのでしょうか。

背中ニキビは乾燥によってできますので、丁寧なケアが必要です。

お風呂に入ったときに、顔は固いタオルやスポンジでごしごし洗うということはまずないと思いますが、体はごしごしと洗ってしまいますよね。

それが背中ニキビによくありません。

背中も泡が立ちやすいネットやスポンジでしっかり泡立てて丁寧にやさしく洗います。

しっかり洗ったら丁寧によく流します。

背中は洗い残しがありがちだそうです。

体を洗った時だけでなく、シャンプーやコンディショナーの洗い残しも要注意です。

そしてお風呂上りはフェイシャルと同じように保湿を心がけるとよいと思います。

次にほかにも背中のニキビ原因として考えられるのは、食生活です。

顔のニキビもそうですが食生活が肉や糖質が多い偏った栄養バランスになっているとニキビがでる原因になります。

ニキビが出やすい人はまず食生活の見直しが必要です。

食生活で体の内面からニキビが出ないようケアにつとめたあとは、着用する洋服も素材をこころがけるとよいでしょう。

ニットなどのちくちくしたもの、ポリエステルなどの化繊よりは、綿の素材が一番肌によいと思います。

バスタイム、食生活とこころがけたら普段着る洋服もきをつけましょう。

そして、背中ニキビが現在出てしまっている人は、基本中の基本ですがかゆくてもかかない。

かゆくてつい、ぽりぽりとかきむしってしまいがちですがニキビ跡になりやすいのでこれも要注意です。

これらをためしても治らない場合は皮膚科にいき、お医者さんの処方するお薬でなおすのが一番でしょう。

そしてきれいな背中に戻ったときは、バスタイム、食生活、衣服にきをつけてきれいな背中を維持しましょう。

(神奈川県 はるさん)




背中ニキビはしっかり洗浄・保湿とストレス解消で治ります。

背中ににきびがあると気になってしまい、襟ぐりが開いた服が着れなくなります。

夏の水着の季節には背中のニキビが気になって充分楽しめなくなってしまいます。

ニキビが出来てしまった原因を知り、それに伴った治し方を実践しきれいな背中になりたいものです。

背中のブツブツの種類

背中のブツブツといっても色々な種類があります。

湿疹、ニキビ、アレルギー、毛孔性角化症という一般にサメ肌と言われるブツブツ等あります。

その他にも色んな原因がありますが、一番一般的な背中ニキビについて書こうと思います。

背中ニキビが出来る原因として何点かあります。

過剰な皮脂の分泌による背中ニキビ

主なものの1つ目はきれいに背中を洗えていない時にも起こる過剰な皮脂の分泌によるニキビです。

背中の皮脂の分泌腺は顔より大きいため皮脂が詰まりやすくニキビが出来やすいです。

古い角質が溜まっているのも良くないです。

保湿できていない背中ニキビ

2つ目は肌が保湿出来ていなくて乾燥している状態で出来るニキビです。

顔も水分が少なく乾燥している状態が続くと過剰な皮脂を分泌します。これは背中も同じです。肌が乾燥することで抵抗力も弱まりニキビの原因菌が増えやすい状態になっています。

ストレスが原因のニキビ

3つ目はストレスからくるニキビです。

ストレス、睡眠不足、食生活の乱れによりホルモンバランスを崩したりして背中にニキビが出来る場合があります。

それらの乱れはニキビの原因菌(アクネ菌)を増やす原因にもなっています。

紫外線も背中ニキビには良くないようです。

背中ニキビの治し方

そんなニキビの治し方ですが、背中に出来てしまったニキビ等に向いている殺菌成分が高く毛穴の汚れ、皮脂、古い角質をきれいに落としてくれる石鹸や薬用アクネボディーソープが出ています。

なかにはそのうえ潤いを与えてくれる物もあるのでこれらを使用しきれいな背中を保つことをお勧めします。保湿は保湿力があり低刺激で殺菌成分の入った保湿化粧品がお勧めです。

ニキビ肌用化粧品を使いしっかり保湿することをお勧めします。

ストレスを解消して背中ニキビを治す

もう一つはストレス解消です。

ストレスによってできた背中ニキビは自分になりにストレスを解消できるものを探し、しっかり睡眠をとり正しい食生活をすることにより肌トラブルが解消出来ると思います。

(岐阜県 みかさん)




身に覚えのない背中のぶつぶつの対処法

なにげに背中を洗おうと手を回したらちょっと大きめのぶつをかんじ、ん?と思いさらにまさぐりますとぶつぶつ。

しかし、慌ててはいけない。

この数日間で何か思い当たる事実はあるだろうかと考える。

ここが大事。

シャンプーを変えたっけ?

さらにはボディブラシでゴシゴシした?

原因究明が背中のぶつぶつを改善するもっともな近道と考える。

慌てて背中のぶつぶつの対処法をあやまると、背中に跡が残ったりこうかいのもとになりがちなのです。

とりあえず泡を使うことを諦め、ぬるめのお湯で優しくせなかの汚れ(脂?)を洗い流す。

可能であれば、バスタブの適温のお湯にゆっくりつかり、身体中のきんちょうをほぐすとともに毛穴も緩めてあげる。

入浴後は肌もやわやわな状態であるので清潔な、柔軟剤などたっぷりしみ込んでいない、肌と同じくやわやわなたおるを背中にあわせるように水分を吸い込ませるようにふく。

あくまでも背中のぶつぶつを刺激しないように。

鏡などで確認して特別な異常のあるぶつぶつでなければ綿かシルクなどの刺激の少なそうなものを着てようすをみる。

もしも、背中のぶつぶつの原因が先に考えたようになにか普段とちょっとちがったことだとしたら、そんな感じで数日後には治るだろうとおもわれる。

しかし、よけいな脂がぶつぶつをひきおこしているようであれば刺激の少ない単純な石鹸をようく泡立てたっぷりの泡で手で優しくなでるようにぶつぶつを傷めないように頑張って手をまわして洗う。

おなじく拭いた後はオードムーゲ的なものを良質なコットンにたあっぷり含ませてぶつぶつをおさえてあげるのもよいかもしれません。

多少の殺菌効果をねらうかんじです。

いずれにしても普段目にする機会の少ない背中にあるからぶつぶつになるまで気づかなかったりしがちなのでしょうから普段からよく見ることがいいのかもしれない。

尚、自己流で数日経っても背中のぶつぶつが改善しないもしくは悪化したら皮膚科受診ですね。

(山形県 ぽっぽとさん)